HGUC 1/144 Zガンダム(REVIVE) その1

HGUC Zガンダム(REVIVE)

HGUC Zガンダム(REVIVE)の製作工程を上げていこうかと思います。

仮組とか表面処理とか基本的な工程は省略して手を加えたところだけさくっと
紹介していこうと思います。

まずはボディ部分。

上記写真の通りプラバン貼り付けによるディティールアップを図っています。

お次は腰部。
まずはフロントスカート。
写真のようにスジボリを追加しています。

サイドスカートに移ります。
こちらはプラバンにて形状変更。

ちらっと写っていましたが最後はリアスカート。
リアスカートはフロントスカート同様にスジボリを追加してデザイン変更。

写真ではわかりにくいですが、頭部は首回りを加工して可動域を確保してもあります。
また、写真を撮った時点では開口してませんが、頭部バルカン砲口は0.5mmピンバイスにて開口。

写真ではわかりにくいポイントその2として、背中のウイングユニットの羽部分を薄く削り
可動時に擦れて塗装が剥げないようクリアランスを確保しています。
組んでみるとわかるけど結構シビアなクリアランスです。REVIVEZガンダム。

あとはハイパーメガランチャーとビームライフルの前半部分をアトハメ加工することで
塗装をしやすくしています。
アトハメ加工の弊害としてすっぽ抜けるというブンドドするときのデメリットが生まれてしまいましたが…

加工点としては以上となります。
次はサフ吹きですが、見てもしょうがない工程だと思うのですっ飛ばして塗装後に更新しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました