HGUC 陸戦型ガンダム(新)製作 その1

HGUC 陸戦型ガンダム(新)

以前購入し、他作品に埋もれながらもちまちまと作業していた陸ガンが形になってきたので記事にしてみました。

陸戦型ガンダムはだいぶ昔にもHGで出てましたが、今回は新たに出た方の陸戦型ガンダムを製作していきます。

製作イメージとしてはパッケージ左奥にいる陸ガンをイメージしてます。

ややダメージあり、みたいな。

まず本キットは最新の技術が使われているだけあってよく動きます。

でも首が回らない。

なんとなく最近そんなキットばかりな気がします。

ということで定番となりつつある首の延長。

思い切って2mm延長してみました。

写真の通り、いつものポリキャップじゃなく、REVIVE百式やREVIVEZでも使われていたものに似た首関節になっています。

ので切断して接着が簡単にできるようになっていますし、延長による可動域確保の効果は大きいのでお勧めです。

お次は胸部の改修です。

全体的にのっぺりしてたり緩やかに丸みを帯びていたりしたので、面出しを全体的に行っています。

あとは名前はわかりませんし用途もよくわかりませんが、胸部バルカンとその下のピカーってやつを出すアレをメタルパーツに置き換えてみました。

そのほかとしては軽く右上面にダメージ加工をしてあります。

前述のように、ややダメージあり、といった風にしたいので。

ということでパッケージ左奥の機体を参考に、シールドと左肩に被弾痕のようなダメージ加工をしてみました。

塗装すればきっと見違えるはず…

スカート裏もさみしいので角モールドや丸モールドを張り付けてディティールアップしています。

特にリアスカートは空白が目立つので大きめのマイナスモールドと角モールドで埋めてみました。

あとはよくある定番の足裏肉抜き穴埋めですね。

こちらはエポパテで普通に埋めただけです。

とりあえずの進行状況としては以上ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました