HGUC 陸戦型ガンダム(新) 製作その2

HGUC 陸戦型ガンダム(新)

HGUC陸戦型ガンダムの進捗です。

このキット基本的には合わせ目などでにくいように作られていますが、腕部に合わせ目が出てしまします。

なのでアトハメ加工をして合わせ目を処理いたしましょう。

写真上部に移っているのが腕部のフレームですね。

このフレームの下腕部分のピンを短く切り飛ばします。

そして下腕部分の装甲を接着し、合わせ目を消すわけですが、そのまま接着しちゃうとフレームが入らなくなってしまいますので、内部の干渉する部分を切り飛ばしていきます。

画像の左下が上から見たものですね。

この様にまずピンを受けるダボを面一になるように削ります。

あとは装甲パーツ同士をはめ合わせるダボ穴とピンがありますので、そちらも遠慮なく切り飛ばします。

接着しちゃうので切っちゃっても大丈夫です。

この際、ちゃんとはまるかテストしながら現物合わせで微調整していくのがポイントになります。

アトハメ加工は現物合わせの微調整が大事。これ重要です。

今回はちゃんと抜き差しできるか確認をしてから合わせ目処理を行いましたのでばっちりです。

…実際は塗装が終われば抜けたりしないよう接着しちゃうので抜き差しできる必要はないんですけどね。

武器編です。

マシンガンは銃口付近にある穴のようなモールドが浅すぎてなんだかダルイ印象を受けたので1mmのピンバイスで開口しています。

まずは片側からピンバイスで穴をあけ、次に反対から穴をあけるようにしていきます。穴が対称に配置されているのでうまく開口できるとピンバイスが反対からこんにちはします。

今回はちゃんとこんにちはしてくれたので、これもばっちりです。

あとストックの付け根部分ですが、ここに処理しにくいゲート跡がでてしまいます。

なので思い切ってモールドごと削り落として4mmのメタルパーツを配置してみました。

この写真ではまだ塗装前の段階なので接着はしていません。

メタルパーツの接着は最後です。

次に180mm砲の砲身部分ですが、ここにえっぐい合わせ目が出ます。

なのでそれを処理しました。

写真はサフチェックした段階のものですね。

と、パーツの処理が大方済んだところで今度は洗浄です。

しっかり洗浄しておかないと削りカスが残ってたり皮脂が塗膜形成に影響を与えることもありますからね。

私は近所のドラッグストアのポイントでもらった超音波洗浄機を使ってます。

眼鏡用ですが時計も洗えるし当然眼鏡も洗えるし、こうしてプラモも洗えるのでこの子には頭がお世話になりっぱなしです。

まずは大雑把にブラシで削りカスを取り除いて、あとは超音波洗浄機にぽいするだけです。

いつも180秒で設定して洗浄してます。

さて、パーツ洗浄も終わったのでいよいよ塗装です。

まずはサフ。そして本塗装。

次は色付きの陸ガンをお披露目できればと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました