HGUC R・ジャジャ 製作その2

HGUC R・ジャジャ

腕部改修編です。

まずは最も気になっていたかまぼこパイプの改修です。

ここはかまぼこパイプの部分を削り取り下腕部装甲のラインと面一になるくらいまで削ってスペースを確保してから2.5mmのメタルパイプに置き換えました。

かまぼこパイプ除去に際して強度不足にならないかとか、間違ってパーツが分断しちゃわないかとか不安でしたので、一応裏からエポパテで裏打ちしました。

メタルパイプの両端は適当にプラ製の丸モールドを使っています。多分コトブキヤのMSGの丸ノズルだか丸バーニアだかだと思います。WAVEのかな?

まぁ、どっちでもいいでしょう。

メタルパイプの芯には電子工作でよく使う配線を通してあります。サイズがちょうどいい。簡単に曲がって元にも戻せる。とても都合がいい素材です。

装甲を被せるとこんな感じになります。

お次に肘部分のモールドの処理です。

画像一番上が無加工の状態です。

見ての通り、ちょっとしょぼいモールドなので一旦ノミで削り落としました。(2段目)

その後。1mmピンバイスで開口し(3段目)、ハイキューパーツのHSリベット…だったかな?の4mmを埋め込めるように加工しました。

さらに外側の装甲の部分ですが、肘のところにこれまたちょっと寂しい丸モールドがあったので、1.8mmピンバイスで開口し、ICピンを埋め込めるようにしてあります。

ICピンは足が長いのでこのままだと思いっきり干渉しちゃいますので、実際に埋め込む際にはカットしちゃいます。

現時点での腕部改修点はこんなところですね。

このICピン埋め込んだ装甲とかもそうなんですが、このR・ジャジャというキット、リアスカート裏にはモールドがあるのに全体的にモールドが少なくちょっと寂しい印象を受けます。

というか「ここに合わせて掘ってみろ」と言われてるような気がするキットです。

私はスジボリ苦手なのですが(レイアウトセンスがない)、せっかくなのでうるさくならない程度にスジボリを各所に追加してディティールアップを狙ってみます。

それではまた次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました